*

ここは行っておきたい!アメリカ西海岸のサードウェーブ系カフェ5選

『巷で噂の“サードウェーブ・コーヒー”って何?』でも触れましたが、サードウェーブ・コーヒーはアメリカのコーヒー文化の流れの中で生まれてきたもので、特にアメリカ西海岸の文化が根底にあります。そんなサードウェーブ・コーヒーのベースになったアメリカ西海岸のサードウェーブ系カフェをまとめてみました。西海岸に行く際は、ぜひ立ち寄ってみたいですね。

アメリカ西海岸のサードウェーブ系カフェ

ブルーボトル・コーヒー/Blue Bottle Coffee

blueBottle02
サンフランシスコで大人気で、“Apple of coffee”つまり、コーヒー界のAppleと言われているコーヒーショップ。クラリネット奏者だったJames Freeman氏がその道を諦めたときに、彼のもう一つの情熱であるコーヒー、それも本当に美味しいコーヒーを作ろうと決心し2002年8月に自宅のガレージで始めました。サードウェーブの先駆けで、厳選されたオーガニック・フェアトレードの豆を自家焙煎し、しかも焙煎した豆は焙煎直後を除き48時間以内のものしか提供しないというこだわりが素敵。

東京の清澄白川に焙煎所兼カフェ用の建物をリースしたことを発表し、2014年末までの開店に向けて準備を進め、六本木と渋谷への出店も検討しているようなので、楽しみですね。

Webster Street, Oakland(本店)

300 Webster St.
Oakland, CA 94607
http://www.bluebottlecoffee.com/

300 Webster Street, Oakland,CA 94607


リチュアル・コーヒーロースターズ/Ritual Coffee Roasters

ritual
サンフランシスコ・ベイエリアを代表する4大サードウェーブコーヒーショップ(Blue Bottle,Ritual,Four Barrel,Sightglass)のうちの1つ。2005年にEileen Hassi氏とJeremy Tooker氏によって創業されたコーヒーショップ。こちらで扱っている焙煎豆は、ブルーボトルほど厳格(48時間以内のみ)じゃないけど、焙煎後3日以内のもののみで十分に管理されているようです。

また、他の3つのコーヒーショップと違って無料でWi-Fiを提供しているため、店内ではMacを広げている人が多い様子。美味しいコーヒーに加えて無料Wi-Fiがあるというのは嬉しいですね。

MISSION地区(本店)

1026 Valencia St.
San Francisco, CA 94110
http://www.ritualroasters.com

1026 Valencia St, San Francisco, CA 94110


フォーバレル・コーヒー/Four Barrel Coffee

four-barrel
リチュアル・コーヒーロースターズ創業者の一人であるJeremy Tooker氏がリチュアルを去った後、2008年に創業したコーヒーショップ。Jeremy Tookerは、シングルオリジンよりブレンドが多かったこと、ローストが深すぎたこと等でEileenと意見が食い違い、リチュアルを去ったという背景から、フォーバレル・コーヒーではシングルオリジンの豆のチョイスとロースティングにこだわっているようです。店内では、エスプレッソやカプチーノといった通常のメニューを提供する正面のカウンターと、「シングルオリジン・産地・フレイバー」にこだわったドリップコーヒー+エスプレッソ用のカウンターに分かれているとのこと。こだわりのドリップコーヒーが飲んでみたい。

MISSION地区(本店)

375 Valencia St.
San Francisco, CA 94103
http://www.fourbarrelcoffee.com/

375 Valencia St, San Francisco, CA 94103


サイトグラス・コーヒー/Sightglass

sightglass
こちらも大サードウェーブコーヒーショップのうちの1つで、2009年創業と、4大コーヒーショップの中では最も後発。Jerad & Justin Morrisonという兄弟が、それぞれブルーボトルコーヒー、フォーバレル・コーヒーで経験を積んだ後に創業したコーヒーショップ。Twitter & Square の創業者ジャック・ドーシーが出資し、プロジェクト段階のSquareをサイトグラス・コーヒーのコーヒーkiosk(当時)で利用していたことでも有名なお店です。
2階には「こちらは時間はかかるが美味しいコーヒー」をコンセプトとした”TOP BAR”という名前のエスプレッソ+エアロプレスバーがあります。こちらのバーではシングルオリジンにフォーカスし、その産地とコーヒー豆の特徴そのものを感じられるものを提供していて、1階で提供しているコーヒーとはひと味もふた味も違うようなので、両方味わいにいきたいですね。

SOMA地区

Address:270 7th St.
San Francisco, CA 94103
http://sightglasscoffee.com/

270 7th St, San Francisco, CA 94103


スタンプタウン・コーヒー・ロースターズ/Stumptown

stumptown
今回紹介する中で唯一ポートランドにあるコーヒーショップ。1999年にディビジョン通りに1号店を開店し、今ではニューヨークにも進出している有名店で、ブルーボトル同様にサードウェーブの先駆け的存在。

いまや注目の食のイノベーターでもある創業者のDuane sorenson氏は、高いクオリティを誇る小規模農園と直接取引を始め、原産地から農園の特定、標高、豆の品種、それぞれの豆の持つ味の特徴など、詳細なデータを明示し、いまでこそあたり前になった焙煎日をいち早くパッケージに記載することなどを行い、コーヒーを「ワイン化」していったそうです。まさにサードウェーブの先駆けですね。

Stumptown SE devision(1号店)

4525 SE Division St.
Portland, OR 97206
http://stumptowncoffee.com/

4525 SE Division Street, Portland, OR 97206


シェアする


ad_PC用


follow us in feedly
  • ばりすた
    本職:会社経営/WEBマーケター

  • コーヒー大好き。あとパン、パスタ、つけ麺、うどんなど、小麦粉中心の生活。そばアレルギーだと信じてずっと生きてきたけど、そうじゃないことが発覚して、最近そばデビュー。
サードウェーブ・コーヒーについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
PAGE TOP ↑