*

まだの人はぜひ試して!”イタリア風”アイスコーヒー

アイスコーヒー界隈では、去年プチブームになった(個人的にw)「炭酸コーヒー」とか、最近ジョージアが新商品をぶっ込んできた「コールドブリュー(水出し)」など、まだまだ“サードウェーブ・コーヒー”ブームが続いているようです。

巷で噂の“サードウェーブ・コーヒー”って何?
すでにだいぶ日本でも定着した感のある言葉、“サードウェーブ・コーヒー”。そもそも“サードウェーブ”とは、アメリカにおけるコーヒ...

この“サードウェーブ・コーヒー”ブームの影響で、僕は焙煎度が浅めの豆を使ったコーヒーが好きになり、ここ2年はアイスコーヒーでも浅煎り豆を使っていました。特に「炭酸コーヒー」は浅煎り豆の方が合うと今でも思ってます。

この夏、アメリカ西海岸発の「炭酸コーヒー」がブレイクの予感!!
ポートランドで夏場人気のコーヒードリンクといえば"コールド・ブリュー"。いわゆる"水出しコーヒー"のことで、12時間以上かけてこだわ...

でも、最近では中深煎り〜深煎りの豆の方を好むようになってきたこともあり、今回は深煎りエスプレッソを使ったアイスコーヒーを紹介したいと思います。

“イタリア風”アイスコーヒー「カフェ・シェケラート」

今回紹介するのは、これからの季節にピッタリの”イタリア風”アイスコーヒーの「カフェ・シェケラート」。
shakerato
淹れたての熱いエスプレッソをシロップ(砂糖やグラニュー糖でもOK)と氷と一緒にシェイクして作るアイスコーヒーで、コクがありながらも爽やかな味わいがクセになる。まだの人はぜひ試してほしいコーヒーです。

カフェ・シェケラートの作り方

1. エスプレッソを抽出する

まず、エスプレッソをダブルショット(60cc程度)で抽出します。家で簡単にエスプレッソを作るなら「ビアレッティ ブリッカ」がオススメ。”クレマ”というエスプレッソ特有の泡ができやすいタイプで、この“クレマ”がシェイクによって空気を含み、口当たりがとてもまろやかになります。

2. すべてシェーカーに入れて強く振る

シロップを5〜15cc程度をお好みで、氷はシェイカーの半分ほど入れて強くシェイク!カフェ・シェケラートの場合は氷と一緒にシェイクすることによって急速冷却。この「氷と一緒にシェイクして急冷」がポイントで、コーヒーのアロマや旨味をギュッと凝縮してくれます。また、出来上がったシェケラートには氷を入れないので長時間経っても薄まる心配なし。

3.カクテルグラスやフルートグラスに注いで出来上がり

お好みでシロップをフレーバーシロップに変えてみるのもいいですね。定番のキャラメルはもちろん、モヒートミントシロップなんかは、口の中にミントの爽やかさがふわりと広がって暑い日にピッタリ。




美味しいカフェ・シェケラートが飲めるお店

フグレントウキョウ/東京都渋谷区


fglen

コーヒーハウス ニシヤ/東京都渋谷区


nishiya

Unir(ウニール)/大阪府大阪市


unir

エスプレッソで作るカフェ・シェケラートもいいけど、コールドブリュー(水出し)を楽しみたい!という人はこちらも読んでみてください。

これから自宅でアイスコーヒーを楽しみたい人に読んでほしい「水出しコーヒー」の基本
以前『マジ簡単!自宅でできる美味しいアイスコーヒーの作り方』という記事でアイスコーヒーの作り方について書いたのですが、それは「...


シェアする


ad_PC用


follow us in feedly
  • ばりすた
    本職:会社経営/WEBマーケター

  • コーヒー大好き。あとパン、パスタ、つけ麺、うどんなど、小麦粉中心の生活。そばアレルギーだと信じてずっと生きてきたけど、そうじゃないことが発覚して、最近そばデビュー。
サードウェーブ・コーヒーについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
PAGE TOP ↑