*

力強いコクがある、マンデリンの最高級銘柄(インドネシア)

投稿日: : コーヒー豆 ,

マンデリン SP G1 アルール・バダ

コーヒー豆チャート

香り:★★★★★
コク:★★★★★
酸味:★★★★☆
苦味:★★★★☆

コーヒー豆の特徴

“SP G1″とは「スペシャル G1(グレード1)」のことで、最高級のG1の中でもさらに優れていることも表します。芳醇でトロピカルな香味、深いコク、キレのある苦味とマンデリンならではの魅力を持ち合わせています。日本人には特に好まれる味で、雑味がなく、味のバランスも非常に優れています。

また、インドネシアのスラウェシ島の「トラジャ」も有名で、こちらはマンデリンほど個性は強くないものの、滑らかかつマイルドな香味が特長的。収穫量が少ないため、希少価値が高く、かつては”幻のコーヒー”として珍重されたほどの逸品。

※注)同じ産地でも、農園が違ったり、または焙煎度合いが異なったりすると味や香りも異なるので、すべてが上記の通りではありません

『【まとめ】コーヒー豆の種類と比較』はこちら

シェアする


ad_PC用


follow us in feedly
  • ばりすた
    本職:会社経営/WEBマーケター

  • コーヒー大好き。あとパン、パスタ、つけ麺、うどんなど、小麦粉中心の生活。そばアレルギーだと信じてずっと生きてきたけど、そうじゃないことが発覚して、最近そばデビュー。
サードウェーブ・コーヒーについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
PAGE TOP ↑