*

実践!自宅での美味しいフレンチプレスの入れ方

フレンチプレスの味わいに惹かれていて自分でも入れてみたいと思っていたときに、京都のスペシャリティコーヒー専門の人気店「Unir(ウニール)」阪急うめだ本店がフレンチプレスのワークショップを行っていたので参加してみました。

unir

その後、フレンチプレスの器具を購入して自宅で実践したので、フレンチプレスの入れ方についてまとめてみたのでご覧ください(フレンチプレスの入れ方も諸説あるけど、今回のはUnir式ですw)。

自宅での美味しいフレンチプレスの入れ方

フレンチプレスってなにそれ?おいしいの?

フレンチプレスは、ペーパーを使わずに金属のメッシュフィルターで抽出する抽出方法です。コーヒーの美味しさは豆に含まれる油分の中にあり、そこに味や香り(アロマ)も一緒に含まれています。ペーパードリップではこの油分が抽出の際に奪われてしまうのですが、フレンチプレスはそれらすべてを逃さずに抽出できるのが最大のメリット。「粉が口の中に残って甘みが出る」「口に含んだ後、味や香りが口の中に残る(味が持続しやすい)」などの特徴があります。

沸騰したてのお湯を使うこと、コーヒーをきっちり計量すること、この2つを守ればほぼ失敗することはない、手軽なコーヒー抽出方法なので、ぜひみなさんも試してみてください。

用意するもの(分量は1人分)

  • フレンチプレス(ボダム社のケニア 0.5L
  • スケール/はかり(HARIO(ハリオ) V60 ドリップスケール
  • タイマー(今回は、上記ドリップスケールにタイマー機能があるのでそちらを使用)
  • 熱湯【180cc】
  • コーヒー豆【9g】
  • ※アイスの場合は18g使用
    ※豆本来の良い部分も悪い部分もすべて出てしまうのがフレンチプレス、豆は高品質のものを用意してください(しかも挽きたてが一番)
    ※豆は中挽き~粗挽きでOK

    フレンチプレスを使ったコーヒーの淹れ方

    1.まず、フレンチプレスにコーヒーの粉を入れます。お湯の量を正確に量りたいので、スケールはコーヒーの粉を入れた状態で0gになるようにセットしてください。
    frenchpress02


    2.勢い良く、15秒ぐらいでお湯を注ぎます。そのとき、粉の乾いた部分が残らないように注いでください。ちなみに、豆の良さをできるだけ引き出したいので、湯温はドリップのときよりも高めの95℃~100℃で。
    frenchpress03


    3.粉がお湯に触れたらタイマーをスタートして4分間蒸らします。このときできるだけ高温で蒸らしたいので、金属メッシュ部分がお湯に触れるすれすれまでプランジャーを下げます。
    frenchpress04


    4.蒸らし時間が4分経ったらプランジャーをゆっくり最後まで押し下げます。
    frenchpress05


    5.フタを注ぎ口が開くまで回し、カップに注いでできあがり。プレスの底には粉が溜まっているので、ゆっくり注ぎ、最後まで入れ切らないようにしましょう。
    frenchpress06


    6.飲み終わったら後片付け。ここが、ドリップに比べて面倒なところ。ペーパーを使わない分、環境には優しいんですけどね。すべて分解できるので、それぞれを分解して洗ってください。
    frenchpress07

    今回使用した器具はこちら



    Unir(ウニール) 阪急うめだ本店はこちら

    大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 うめだスーク 10F



    Unir 阪急うめだ本店(食べログ)

      TEL:06-6361-1381
      住所:大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 うめだスーク 10F
      交通手段:阪急梅田駅から徒歩4分
      営業時間:10:00~21:00
      定休日:不定休(阪急うめだ本店に準ずる)

    ※阪急うめだ本店は、スタンド(立ち飲み)とテイクアウトの店舗なので、イートインするなら京都御幸町店がオススメです。また、Unirの本サイトはこちら

    シェアする


    ad_PC用


    follow us in feedly
    • ばりすた
      本職:会社経営/WEBマーケター

    • コーヒー大好き。あとパン、パスタ、つけ麺、うどんなど、小麦粉中心の生活。そばアレルギーだと信じてずっと生きてきたけど、そうじゃないことが発覚して、最近そばデビュー。
    サードウェーブ・コーヒーについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
    PAGE TOP ↑