*

美味しいコーヒーを入れるための抽出器具についてまとめてみたよ!

サードウェーブ・コーヒーの流れが広まるにつれて、「どこどこのシングルオリジン(ブレンドではない単一種のコーヒー豆)がいい」とか「こんな抽出方法がいい」といったことが語られることが多くなってきたように思います。その流れに乗って、僕もいろんな豆を試してみたり、いろんな抽出方法を試してみたりしましたが、そんな試行錯誤の中、興味深いブログ記事を見つけたました。

Extractions & Distractions – The Unimportance of Brew Methods

My suggestion: find a place that brews good coffee and TRUST THEM. Also, if you’re a barista, I highly recommend mastering a brewing device. Dive into it. Push it to its limits. Get really tasty coffee with at least two very different techniques. And when you’re done with that one, move onto another and master that one. That will be an education in itself.

My conclusion: brew methods = unimportant. Well-extracted, tasty coffee = very important.

“コーヒーの入れ方は大して重要ではなく、美味しいコーヒーが上手に抽出できるかどうかが問題だ”という主張ですね。つまり、抽出方法が何であれ、「美味しいコーヒーが抽出できたらいいやん」ということ。そのためにも、自分が使う抽出器具がどんな器具で、それはどうしたら美味しいコーヒーを抽出できるのか、それをまずは理解することが大切なんだと思います。

僕自身、ペーパーフィルター(ハリオV60)、ステンレスフィルター(KONE)、フレンチプレスを試してみましたし、その他にもエアロプレス、クレバーコーヒードリッパー、サイフォン、スチームパンク、エスプレッソマシンなどなど…いろいろあります。

上記のブログ記事にもあるように、まずは最低2つの抽出方法で美味しいコーヒーが入れられるようになるまで徹底してやり倒してみるのがいいかと思います。そのためにも、抽出器具をいくつかピックアップしてそれぞれの特徴をまとめてみたので(完全に僕の主観です!)、きっかけにしてもらえればと思います。

ドリップ/ペーパーフィルター(ハリオV60)

dripstand02

【価格】★★★★☆

プラスチック製やガラス製、セラミック製などいろいろな材質のものがありますが、プラスチック製のドリッパーだとかなりお求めやすい価格です。




【扱いやすさ】★★★★☆

少し慣れが必要ですが、”コーヒー入れてる感”を楽しめます。また、後片付けはとても楽ちんで、これはペーパーフィルターの最大のメリット。

【コーヒーの味】★★★☆☆

ペーパーフィルターによってコーヒー豆の良さが100%抽出できないので、やはり味の点では十分に楽しめないと言わざるをいえません。ただし、お湯の注ぎ方で味を変えられ、味のコントロールはしやすいので、入れ方をいろいろ工夫する楽しみがあります。この点はハンドドリップならではの魅力ですね。

※ペーパーフィルターによるハンドドリップが気になった人は、『明日の朝から始められる、自宅での美味しいドリップコーヒーの入れ方』も参考にしてみてください

ドリップ/ステンレスフィルター(KONE)

2014-10-13 09.52.17

【価格】★★☆☆☆

6,000〜7,000円ほどするので、ちょっと高い感はあります。しかし、ずっと使い続けることができるのと、今後フィルターを買う必要がないので、長い目で見ればお得かもしれません。


【扱いやすさ】★★☆☆☆

ハンドドリップができれば、あとは要領は同じです。ただし、メンテナンスは少々面倒で、金属フィルターはコーヒーオイルの汚れや匂いが付着しやすいので、長く使うためにはすぐに洗うなど、扱いには気を遣う必要があります。

【コーヒーの味】★★★★☆

個人的にはペーパーフィルターよりこちら派です。コーヒー豆の持つ油分までストレートに抽出できるので、口当たりがスッキリとしながらも、しっかりとしたコクを表現できるのが最大の特徴。フレーバーのみならず、質感をしっかりと表現することができます。

※その他、KONEフィルターやケメックスに関しては、こちらの記事『オシャレに美味しいコーヒーを楽しむアメリカンスタイル』も見てみてください

フレンチプレス

frenchpress04

【価格】★★★★☆

サイズによって価格帯は3,000~10,000円と幅広いですが、比較的求めやすいです。サイズは350ml、500ml、1L、1.5Lからライフスタイルに合わせて選択してください。


【扱いやすさ】★★★☆☆

挽いたコーヒーに沸騰直後のお湯を注いで4分待つだけと、非常に簡単にコーヒーを入れることができます。メッシュフィルターにコーヒーオイルがつくので、酸化した臭いを防ぐために丁寧に洗う必要があります。

【コーヒーの味】★★★★☆

使うコーヒー豆次第ですが、コーヒーの持っている味をストレートに出すことができます。スペシャルティコーヒー初心者向けの器具を選ぶならフレンチプレスではないでしょうか。入れ方や入れる人によって味がブレにくいので、どんなコーヒー豆でもそれぞれの違いを感じ取りやすいと思います。

※フレンチプレスが気になった人は、『実践!自宅での美味しいフレンチプレスの入れ方』も参考にしてみてください

エアロプレス

aeropress

【価格】★★★☆☆

本体や紙フィルターがパッケージにすべて揃って4,000円ほど。エアロプレス用の金属フィルターは3,000円ほどで買えます。

【手順】★★★☆☆

慣れるまでは結構手間が多く感じますが、慣れるとそれほどでもありません。お湯を注いでから抽出まで1分、という簡単さが魅力。紙フィルターは非常に楽ちんです。金属フィルターはKONEほどではないのですが、洗う手間が少しだけかかります。

【コーヒーの味】★★★★☆

すっきりしていながらフレーバーや甘み、そして質感をしっかり抽出できます。個人的には結構好きな抽出方法です。

クレバーコーヒードリッパー

2012年に台湾で発明されたコーヒードリッパー。シリコン樹脂製のストッパーが下部にあり、マグなどにドリッパーを載せたときのみストッパーが開き、コーヒー液が下に落ちる仕組みになっています。
clever

【価格】★★★★☆

2,000 ~ 3,000円とかなりお求めやすい価格で、サイズは300ml(Sサイズ)、600ml(Lサイズ)から選べます。

【扱いやすさ】★★★★☆

コーヒー豆をセットして4分待ち、時間がきたらカップの上に置くだけで抽出開始。フレンチプレスと同様で、特に難しくない「放置系」です。ペーパーフィルターを使うと非常に楽ちんですが、金属フィルターは他の抽出器具同様、メンテナンスに手間がかかります。

【コーヒーの味】★★★☆☆

味は、上記のペーパーフィルター・金属フィルターと同様で、ペーパーフィルターはやや味が劣り、金属フィルターはコーヒー豆の特徴をしっかりと感じられます。



以上が各抽出器具の比較です。シングルオリジンのコーヒー豆の味、質感にこだわりたい方は【フレンチプレス】、ハンドドリップの工夫そのものも楽しんでみたいという方はまずは【ペーパーフィルター】から試してみてはどうでしょうか。


シェアする


ad_PC用


follow us in feedly
  • ばりすた
    本職:会社経営/WEBマーケター

  • コーヒー大好き。あとパン、パスタ、つけ麺、うどんなど、小麦粉中心の生活。そばアレルギーだと信じてずっと生きてきたけど、そうじゃないことが発覚して、最近そばデビュー。
サードウェーブ・コーヒーについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
PAGE TOP ↑