*

コーヒーの王様「ブルーマウンテン」(ジャマイカ)

投稿日: : コーヒー豆

ブルーマウンテン

コーヒー豆チャート

香り:★★★★★
コク:★★★★★
酸味:★★★★☆
苦味:★★★★☆

コーヒー豆の特徴

ブルーマウンテン山脈の中腹(標高800~1200m)にある「ブルーマウンテン地区」で栽培されたコーヒーだけが名乗ることを許された「ブルーマウンテン」。別名「コーヒーの王様」とも呼ばれ、コク・酸味・苦味・香りなど、すべてにおいて完全なバランスを持った逸品。特にフローラルな香りと芳醇な味わいで知られ、酸味と苦味のバランスも非常に良い。中煎りにすると、香りの華やかさも十分に堪能できます。

本物の「ブルーマウンテン」は量産されておらず非常に高級なコーヒー豆となっているため、日本に輸入されているものの中には本物の「ブルーマウンテン」以外も多くあるようです。本物を飲むことができるのは専門店などに限られるのでしょうか。

ちなみに、コーヒー豆は通常麻袋に入れて出荷されるのですが、「ブルーマウンテン」のみ木樽に詰められて輸出されます。これぞジャマイカコーヒーのシンボル。

※注)同じ産地でも、農園が違ったり、または焙煎度合いが異なったりすると味や香りも異なるので、すべてが上記の通りではありません

『【まとめ】コーヒー豆の種類と比較』はこちら

シェアする


ad_PC用


follow us in feedly
  • ばりすた
    本職:会社経営/WEBマーケター

  • コーヒー大好き。あとパン、パスタ、つけ麺、うどんなど、小麦粉中心の生活。そばアレルギーだと信じてずっと生きてきたけど、そうじゃないことが発覚して、最近そばデビュー。
サードウェーブ・コーヒーについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
PAGE TOP ↑